掛け布団は重要

今年の夏は夜、寒いなーって思うのが結構早くて。

長女、私は常に掛け布団かけて寝る派。

次女、暑がりなんですが、足元に置いておくだけでいいから、と掛け布団を置くようにしていました。

私が寝るときにかけてあげていました。

 

これはおそらく就寝時の地震にしか役に立たないとは思いますが。

 

ガタガタっ!と鳴った瞬間、無意識に布団をかぶっていました。

子どもたちも同様です。

私と末っ子が寝ている部屋は何も落ちてくるモノが無かったのですが、

娘達が寝ている部屋は、長押にかけてあった箒とはりみが落下して、机の上の教科書がザーッと落ちてきました。

 

幸い頭に当たってもたいしたことの無いものばかりでしたが。

 

就寝中にヘルメットをかぶることは不可能です。(かぶって寝られないし)

 

でも掛け布団1枚で全身かなり守られます。

 

もちろん、1番は何も置かない、ということですが。

 

ばぁばの部屋が1番ものの散乱が酷くて、タンスの上に置いた3段の衣装ケースが吹っ飛び、タワー型のパソコンが落下したものの、ばぁばに怪我は無く、パソコンも壊れていませんでした。

それも布団のおかげ。

 

でも電柱が倒れたらどうにもならないですけどね…

家の横の電柱が若干傾いています。

次大きい余震が来たら危なそうです。

 

 

 

 

当たり前のありがたさ

2週間ぶりに水道水が普通に使えるようになりました。

 

毎日給水所で水をもらって、煮炊きして。

慣れればなんてことなく。

でも、お米をとぐのにこんなに水が必要だったのか、と見える化して初めて知りました。

 

新しく作った浄水場が土砂崩れで破壊されたため、古い浄水場を修理して、からの復旧。

 

家の近くでも、水道管が壊れたらしく、工事しているところが何カ所かあり。

 

水が使えるようになったことで、我が家はすっかり日常生活に戻ることができました。

 

それでも子供部屋で寝かせていた子たちは今も怖がるので、みんなで一部屋で寝ています。

これはまだまだ続きそうかな。

私も心配だし。

 

余震はだいぶおさまって、いろいろな人が1週間以内に本震が来る、と心配していましたが、それもないまま2週間が過ぎました。

 

雨予報は何度かあったものの、1度朝方にザーッと1度降っただけでカラッと晴れた日が続いています。

 

そういえば今年の夏はやたらに湿度が高かった…

 

いつの間にかすっかり秋風。

 

トンボがたくさん飛んでいます。

気をつけてとりこまないと、洗濯物の間にも。

 



f:id:udonko55:20180920202959j:image

 

ちょっと逆さまですが、家のそばのいつも通る道。

 

今日開通したのですが、土砂崩れが酷く景色が一変していました。

こどもたちがこれを見たらなんて思うのかな。
   

災害と冷蔵庫の中

普段我が家は、一週間分のお肉、魚をまとめ買いして、使い切ってから買い物に行くようにしています。

 

地震の前の日は、台風の影響で24時間ほど停電だったんです。

 

その時は、停電になってしまって、あー買い出し行かなきゃよかった!と思っていたのですが、(大体火曜日がまとめ買いの日)復旧して、また24時間もしないうちに、地震による停電。

 

冷凍庫はすき間があったので、冷蔵庫の中に入れたままになっていたお肉は全て冷凍庫へ。

 

地震初日は電気も水道も使えず、近所の友だちと集まって、悪くなりそうな食材を持ち寄り、外で炭をおこして焼肉をしました。

我が家はプロパンガスのため、自宅でガスを使えたのですが、オール電化の家の方たちは自炊ができず。

 

その後電気の復旧まで3日ほどかかりましたが、冷凍庫に移動した食材はひとつもダメになること無く、使い切りました。

 

ここは田舎なので、大体のおうちの人は食材を豊富に備蓄しているため(冷凍庫を持っている家庭も多いです)少なくとも自宅で生活している人は、食べものが無くて…という話は聞かなかったです。

 

報道で、スーパーでは色々食材が少ないとかみましたが、我が家はブログのタイトルにもあげているとおり、家族多めですが、普段より少し使い方を減らしたり、時々避難所でお世話になったりしつつで、買い出し必要なく過ごしています。

 

色々自分でも覚書。

 

☆買ってきたお肉はすぐに、すぐ調理出来る状態で冷凍する(3日以内に使わないモノ)

味付け濃いめで

 

☆焼いた魚は(例えば鮭)ほぐしてフレーク状になるまで炒めれば、水分がとんで日持ちする

 

☆味付きジンギスカンは常備しよう(カチカチに冷凍しておけば停電でも悪くならない)

 

☆冷凍庫全体にものが入っていれば、停電でも3日は大丈夫(扉の開け閉め少なければ)

 

☆ガス漏れの匂いとかしてなくて、火を使っても大丈夫ならプロパンガスは無敵

オール電化はカセットコンロ絶対必要

 

☆普段からお鍋でご飯炊ける技術を身につける(我が家は炊飯器が無く土鍋でご飯)

 

給水車は以外と早く来てくれる

 だけど、ペットボトルの水、2箱くらいは常備しておかないと不安になる

 

また思いついたら書きます。

 

 

地震を経験して。

私の大好きな町を地震が襲いました。

 

土砂崩れによる被害はとても大きなつめあとを残し、自宅からも茶色い山肌が見えます。

 

我が家はおかげさまで、割れ物はばぁばの茶碗が少しかけたのと、玄関の靴棚に置いていた匂い取りの重曹の瓶が割れたのみ。

 

日頃からモノの少ない生活をしていたため、片付けも1時間とかからずに終わりました。

 

少ないモノで生活することは、減災につながります。

 

ちょうど地震の1週間前に聞いた言葉で、そのおかげでまた家の中を少し片付けたんです。

 

まさか身をもって体験することになるとは。

 

少なくとも、

寝室には倒れそうなものは置かない、

ぶら下げない。

押入は戸をきちんと閉めておく。

 

色々防災について考えたことがあるので、ちょっとずつまとめてみますね。

 

今回、備えればいい、ということでもないんだなぁ、と思ったので。

不要になったモノの行き先。

モノの少ない我が家ですが、それでも時間の経過とともに使えるけど使わないモノが出てきます。

押し入れに専用の箱を用意していて、ある程度たまったらこちらへ寄付しています。

http://world--gift.com/

子どもたちの増えすぎてしまったぬいぐるみや、余ってそのままの端布など送りました。

ただ捨ててしまうよりかは、もったいないから使って欲しい。

でも1番いいのは、やっぱりモノを持ちすぎないことですね。

肌にも環境にもいいもの。

先日、以前から気になっていたこんなモノを買ってみました。

 

ゆうパケット送料無料※ 『ベビー マグちゃん 【宮本製作所】 ブルー / ピン… [楽天] https://item.rakuten.co.jp/nakashop/bb-mgchan/?scid=wi_ich_androidapp_item_share #Rakutenichiba


ベビーマグちゃん。 

 

洗濯の
時に一緒に入れると洗剤いらずで汚れを落としてくれる、マグネシウムです。

マメに洗濯槽のカビ取りはしていたのですが、布オムツの洗濯が増えてカビの発生頻度が高くなったような。

これは洗濯槽はもちろん、排水口もキレイにしてくれるそうです。

洗濯物と一緒に洗って、一緒に干すだけ。

洗剤を入れる手間より簡単。

部屋干ししても嫌なニオイがしないので、オススメです☆

 

ご無沙汰しております。

すっかり放置してしまい、家族が5人から6人へ増えました。(笑)

久しぶりの赤ちゃんとの生活は、時間を思うように使えずなかなか大変です
(-ω-;)

それでも春から次女も小学生なので、少しまた手が離れるなぁ、と。

もうさすがに自分もいい歳で、最後の赤ちゃんとの暮らしなので、1日1日大事に過ごしたいなぁ(とは思いつつも難しい!笑)